• ホーム
  • バイアグラは病院と通販での購入の違い

バイアグラは病院と通販での購入の違い

色々な薬と薬のケース

世界で初めてED治療薬として認められたのが「バイアグラ」です。
日本国内で医薬品を購入するという場合、多くの人がまず病院を受診するでしょう。
通常、医薬品は医師の処方箋がなければ、手に入れることができません。
ただ、最近は個人輸入代行業者が運営している、通販サイトを利用すれば病院に行かずとも医薬品を購入できるようになっています。
病院とネット通販でバイアグラを購入した場合には、どのような違いがあるのでしょうか。
病院処方の場合、バイアグラの価格にプラスして初診料や診察料、処方料といった金額が加算されます。
純粋に医薬品のみの金額で、買うということはできません。
さらに日本国内ではバイアグラは健康保険適用外で、自由診療となっていることもあり決して安い金額ではありません。
病院を受診する交通費や出かける時間も作る必要があります。
一方、ネット通販の場合は病院のように初診料などを支払うことなく、バイアグラを購入できるようになっています。
通常のネットショッピングと同じ感覚で、買いたい医薬品をカートに入れて、必要事項を記入し送信するのみです。
すると、海外から医薬品が送られてくるという仕組みになっています。
ネット通販であれば、バイアグラの金額と送料のみの金額で購入することが可能です。
病院で処方してもらう金額より、はるかにお得です。
また国内の病院では先発医薬品しか取り扱っているケースが多いのですが、ネット通販の場合は日本で未認可のバイアグラジェネリックも取り扱われています。
ジェネリック医薬品は先発医薬品と比較すると、開発費用などがさほどかかっていないため薬価がリーズナブルです。
ジェネリック医薬品をチョイスすれば、よりお得にED治療薬を購入できます。
このように病院とネット通販を比較すると、医薬品の価格に差がある、取り扱っている商品に差があるということが挙げられます。
自分に合ったほうを選んでバイアグラを試してみてはいかがでしょう。

通販では豊富なバイアグラのジェネリックが買える

バイアグラをネット通販で購入する最大のメリットは、豊富なジェネリック品が購入できることです。
バイアグラと比較してジェネリック品は、価格が安いことで知られています。
実際、バイアグラ1錠あたりの相場は1500円から1800円程度ですが、ジェネリック品は1000円前後ですから、経済的な負担は大きく軽減されます。
ジェネリック品の効果・効能について心配する人も少なくありません。
そもそもジェネリック品は、成分や含有量、効果・効能、安全性、用法用量を変更してはならない決まりがありますから心配はいりません。
その一方で、添加物や味、臭い、薬の形状、色については変更しても差し支えありません。
つまり、ジェネリック品では効果・効能は変わらず、安価でゼリー状やフィルムタイプ、OD錠など服用しやすい形状の製品を購入することができます。
非常にメリットの大きいバイアグラのジェネリック品です。
病院ではほとんど扱われていないことから、ネット通販で購入するのが一般的になっていますが、ネット上には粗悪品も出回っていますので注意が必要です。
そこで、信頼できる優良な業者を選択することが大切になってきますが、その特徴としては運用歴が長い、成分保証を行っている、運営責任者や所在地が明確にされているといった点があげられます。
また、バイアグラを始めて服用する人が、いきなりネット通販を利用することは大変危険です。
効果・効能が同じであるという事は、副作用や併用禁忌薬も同じとなります。
したがって、バイアグラを初めて服用する際には病院で診察を受け、2回目以降はバイアグラのジェネリック品を信頼できるネット通販で購入するのが賢い利用方法です。

人気記事一覧