• ホーム
  • レビトラは即効性があるED治療薬です!

レビトラは即効性があるED治療薬です!

カプセルのスプーンと椀

レビトラは日本で2番目に認可されたED治療薬です。
レビトラの有効成分はバルデナフィルで即効性があります。
PDE-5という酵素の働きを妨害して勃起をしやすくしてくれます。そのため、勃起力が高まり中折れになりにくくなるのです。
しかし、レビトラを服用しただけでは勃起しないので気を付けましょう。勃起には性的な刺激や興奮が必要です。
レビトラは即効性があるので、服用してから大体20分で効果が現れてきます。
血中濃度がピークに達する時間は大体40分から50分です。ですので、性行為の大体30分前に服用するといいです。
効果が出てくるまでの時間や血中濃度がピークに達する時間は人によって違うので、効果が現れるのが遅い人もいます。
心配な人は性行為の大体1時間前に服用しておきましょう。
主な副作用は顔のほてりや目の充血、頭痛などです。
こういった軽い副作用は、レビトラの血管拡張作用によって起こるものなので心配する必要はありません。
頭痛がひどい場合は市販の頭痛薬を服用するといいです。これ以外にもいろいろな副作用が報告されています。
副作用が長く続く場合やひどい場合は医師に相談してください。
レビトラは食事の影響を受けにくいですが、できるだけ空腹時に服用するのがいいです。
食後に服用する場合はいくつか注意が必要です。食事はできるだけあっさりとした物を選びましょう。
食後は最低でも2時間は間隔を空けて食べ物を消化させた方がいいです。
揚げ物など重い食事の場合は2時間では消化されない場合があるので、もっと間隔を空けないといけません。
飲み物に影響されることもあるので注意が必要です。服用する時は水かぬるま湯で飲むのが基本です。
ですが、お茶やアルコール、ジュースで飲んでも問題はありません。
少量のアルコールにはリラックス効果があるのでいい影響を与えてくれるでしょう。
あくまでも少量なので飲みすぎてはいけません。ジュースはグレープフルーツ以外の味を選びましょう。

レビトラを服用する際はグレープフルーツは控える

レビトラは世界で2番目に認可されたED治療薬で、2003年に販売が開始されています。
日本で正式に認可されたのは2004年です。
有効成分であるバルデナフィルには即効性があり、短時間で中折れを改善できます。
レビトラには顔のほてりや目の充血、頭痛などの副作用があります。
症状は基本的に軽いので、安全にED治療ができます。
レビトラには即効性があるので副作用を発症しやすく、服用した患者の9割以上に顔のほてりなどの症状が見られます。
バルデナフィルには軽い副作用がありますが、数時間すれば自然に回復するのが通常です。
数時間経過しても症状が回復しない場合は、医師の診断を受ける必要があります。
レビトラは基本的に水かぬるま湯で服用しますが、アルコールで服用することも可能です。中折れは精神状態とも深い関係があります。
アルコールは気分をリラックスさせるためレビトラの効果を助けます。ただし過度の飲酒は酩酊状態を招くので注意が必要です。
また服用後は血管が拡張されて酩酊しやすくなるため飲酒を控えます。
レビトラは食事の影響を受けにくく、服用前にエネルギー量が700kcal以下で脂肪分が30%以下の食事を摂取できます。
またアルコールで服用しても、適量であれば問題はありません。
一方グレープフルーツのように摂取できない食品も存在します。
グレープフルーツには薬物代謝酵素の働きを阻害するフラノクマリン酸が含まれています。
フラノクマリン酸を含む食品を摂取すると、体内でレビトラの血中濃度が上昇して副作用が強くなります。
レビトラの副作用は基本的に軽いので問題はありません。
しかしグレープフルーツなどフラノクマリン酸を含む食品を摂取すると副作用が強まります。
グレープフルーツ以外にもハッサクやザボンなどに多く含まれています。
同じ柑橘類でもレモンやカボス、バレンシアオレンジなどにはあまり含まれていません。
レビトラを服用する場合にはフラノクマリン酸を含む食品を避ける必要があります。
グレープフルーツなどを摂取した場合には24時間以上の間隔を空けてから服用します。