• ホーム
  • 女性の不感症改善にはラブグラがおススメ!

女性の不感症改善にはラブグラがおススメ!

ラブグラはピンク色の錠剤で不感症の改善に効果があるので、不感症で悩んでいる女性におススメです。
ラブグラには血管の拡張を妨げるPDE-5という酵素を妨害する働きがあります。
これによって、女性器周辺の血行が良くなってオーガズムを感じたり性的な満足感を得られます。
それに、血行が良くなると膣内が潤い挿入する時の痛みが和らぎます。
服用する時は水かぬるま湯と一緒に飲みましょう。
飲み合わせによっては効果が弱くなったり強くなったりするので気を付けないといけません。
確実に効果を得たいなら水かぬるま湯で飲むべきです。
ラブグラを服用する時は空腹の状態がいいです。
なぜかというと、食事をした後に服用するとラブグラがうまく体内に吸収されない場合があるからです。
ですので、食後すぐに服用したり高カロリーな物を食べた後に服用すると効果が弱くなってしまうので気をつけないといけません。
食後に服用する場合は、できるだけ軽い食事にして最低でも2時間以上は間隔を空けましょう。
ラブグラは服用してから大体30分から1時間で効果が現れてきます。ですので、性行為の大体1時間前に服用するといいです。
効果の持続時間は大体5時間です。効果が続いている間は何度でも性行為を楽しめます。
ラブグラは1日100mg以下で次に服用する場合は24時間以上は間隔を空けないといけません。
主な副作用は顔のほてりや消化不良、頭痛や動悸などです。
こういった副作用は効果が薄くなるにつれて自然と治るのであまり心配する必要はありません。
副作用がひどい場合は医師に相談しましょう。
ニトログリセリンなどの硝酸剤や不整脈に使われるアンカロン錠などは併用禁忌薬なので気をつけないといけません。
保管場所は直射日光の当たらない涼しい場所にしましょう。湿気にも注意が必要です。
ペットや子供の手の届かない場所に保管しないといけません。
男性が服用しても問題ないかどうか気になる人もいるでしょう。

男性がラブグラを服用しても問題ない?

女性の不感症の改善対策の一つとして、アメリカで認可された女性用バイアグラ「ウーメラ」は、発売と同時に大きな反響を呼び、世界中の女性に愛用されています。
さらに、ウーメラと同じ成分であるラブグラがリーズナブルな価格で入手できるようになったことから、女性用バイアグラの利用者をさらに拡大しています。
ラブグラはピンク色の錠剤であり、男性用と同じ成分が配合されていますが、男性用の用量が25mg及び50mgであるのに対し、女性用は100mgと非常に多いのが特徴です。
ラブグラの効能としては、生殖器抑制酵素であるPDE5の過剰分泌を阻止し、性器付近の筋肉を弛緩させ血行を促します。
その結果、膣内に潤いを与え男性器が挿入されても痛みを感じることなく、オーガズムに達しやすくなります。
女性用バイアグラは日本では認可されていないため、ラブグラも個人輸入でしか入手することはできません。
しかしながら、ラブグラは男性用に比べて有効成分の含有量が多く安価であるため、これを服用する男性も少なくありませんが、とてもリスクの大きい行為ですからおすすめできません。
バイアグラは女性用、男性用ともに副作用が発生しやすい薬です。
そのため、1日当たりの許容量は100mgまでとされ、男性の場合は病院処方が基本となります。
もちろん、海外の医薬品を個人が購入し、本任意限り服用することは薬事法で認められていますから問題はありませんが、男性が服用するとなると購入者本人ではありませんから違法となります。
さらに、同じ有効成分とはいえ含有量が多く、女性用に配合されたものですから、強い副作用や思わぬ健康被害を引き起こしてしまう可能性もあります。
したがって男性は、男性用に配合されたバイアグラを服用することが安全であり最適な効果が期待できます。