• ホーム
  • 新薬とジェネリックの違いについて

新薬とジェネリックの違いについて

最近ではジェネリックについてTVコマーシャルなども放送されているので、ある程度は知名度も上がっていますが、まだ新薬との違いがよく分からないという方もいるでしょう。
ジェネリックと新薬は有効成分が同じで、効果も副作用もほとんど同じです。
ただしジェネリックが発売されるのは、一般に新薬の発売から何年も経過した後になります。
なぜなら新薬の成分や製法は特許法で保護され、開発した製薬会社が独占しているため、ほかのメーカーが製造販売することは違法だからです。
そして特許権が切れた後に、ようやくジェネリックの発売が可能になります。
新薬が特許法で保護されるのは、巨額の開発費がかかっているためです。
医薬品は効果や安全性を確認するために、膨大な費用と時間をかけて臨床試験を行う必要があります。
その見返りとして、開発した会社が利益を独占できるように定められているわけです。
もしも特許がなかったら、開発費をかけずにコピー商品で儲けようとするメーカーばかりになり、新しい医薬品が開発されなくなってしまうでしょう。
しかしいつまでも一社に製造販売を独占させておくと、薬の値段が下がらず貧しい庶民が迷惑することになります。
そのため発売から一定期間が経過した新薬は特許が切れ、ほかのメーカーにもジェネリックを製造販売することが許されます。
ジェネリックは開発費用がかからない分、値段が安いことが最大の特徴です。
今では薬の処方を受けるときも、ジェネリックを指定できる医療機関が増えています。
ジェネリックは主成分は新薬と同じですが、製造方法はまったく同じとは限りません。
色や形や味などはジェネリックのメーカーが自由に決めてよいことになっていて、大きさや飲みやすさが異なる場合があります。
錠剤が顆粒になったりカプセルになったりすることもあり、それによって添加物も微妙に違ってきます。
値段で選ぶか使い勝手で選ぶか、基準は利用者によってそれぞれ異なります。

新薬とジェネリックだとどちらが飲みやすいの?

ジェネリックに含まれる主成分とその量は、新薬と同じです。
一方色・形・味はジェネリックのメーカーが自由に決めてよいことになっています。
新薬の特許期間中、多くの医師・看護師・薬剤師等が薬を扱い、患者に処方されます。
その過程でより飲みやすくするために工夫した方がいいことも出てきます。
ジェネリックのメーカーは新薬の特許期間中に生じた要望を取り入れ、より飲みやすくします。
例えば大きくて飲みこみにくい錠剤の場合、小さくすることで飲みやすさが増します。
カプセル状のものを錠剤に変更したり、少ない水でも溶けるOD錠に変更する場合もあります。
また薬の周りにコーティングを施すことで、苦みを抑えることも可能です。
ジェネリックは新薬と含まれている主成分は同じなので、副作用が出る可能性も同じです。
けれども副作用は薬の飲み間違いや、間違った服用の仕方で起こる場合もあります。
飲み方を間違えると薬の効果をしっかり得ることもできなくなってしまいます。
ジェネリックの場合、薬のシートに製品名や薬の効果を大きく表示している場合があります。
薬の名前や効果を分かりやすく表示することで、調剤の際の取り間違えや、飲み間違えを防ぐことができます。
また錠剤の場合、記号ではなく有効成分名と含まれている量を表示することで、薬の区別をつきやすくする工夫がされている場合もあります。
さらに薬の飲みやすさで重要なのが、価格です。
どんなに良い薬でも、あまりにも高いと継続して飲む薬は続けるのは難しくなります。
ジェネリックの場合、主成分の有効性を調べるための費用は少なく済むため、開発費が安いです。
新薬に比べると安いので、長期服用もしやすいです。
このようにジェネリックは新薬に寄せられた意見を基に形・色・味を工夫しています。
また価格も安く抑えられるため、より飲みやすさが増していると言えるでしょう。