• ホーム
  • 早漏ならプリリジーで改善してみよう

早漏ならプリリジーで改善してみよう

プリリジーは世界で最初に開発された飲む早漏治療薬です。
ポゼットはプリリジーと同じ成分で作られたジェネリック医薬品で、どちらも効果や特徴は同じと考えてください。
研究により、射精と神経伝達物質のノルアドレナリンには密接な関係があることが明らかになりました。
脳内のノルアドレナリンは興奮や緊張、不安などを感じると増加し、セックスの最中にノルアドレナリンが急激に増加すると射精が抑えられなくなり、早漏になってしまいます。
早漏の男性の多くが興奮を高めるノルアドレナリンやドーパミンを抑制するセロトニンが不足していることも判明しました。
プリリジーとポゼットの主成分であるダポキセチンは、このノルアドレナリンの分泌を抑える働きがあります。
そのメカニズムは脳内神経伝達物質のセロトニンの再吸収を防ぐことでセロトニンの濃度を高め、ノルアドレナリンの分泌を抑えます。
ダポキセチンは射精中枢に作用するため、脳の過剰な興奮をセーブしてくれるのです。
性行為の前に服用することで射精時間が長くなり、早漏の改善が見込めます。
ダポキセチンはもともと、抗うつ剤として使用されていましたが、うつ病患者の射精が遅くなるという効果が見られたことから、早漏治療薬として研究・開発されました。
プリリジー、ポゼットは性行為の1~3時間前に服用し、食前でも食後でもOKです。
副作用はほとんどないようですが、稀に頭痛やめまい、吐き気、下痢などの症状が現れることがあります。
早漏は男性にとって性に関する大きな悩みのひとつです。
「女性に満足を与えられないのではないか」という不安から、セックスそのものを楽しめなくなる男性もいます。
早漏は一般的に経験を積むにしたがって改善され、オナニーを用いたトレーニングでも改善される例はあります。
セロトニン不足が影響している場合、経験やトレーニングでは改善できずに悩みを抱えたままの男性もいます。
このような場合はプリリジーやポゼットを服用することで効果が期待できます。このほかにも筋トレによって射精をコントロールする方法もあります。

早漏を改善したいなら筋トレは必要

プリリジーのような早漏治療薬を飲み射精時間の短さを解消する、ダポキセチンやセロトニンが含まれている他の早漏治療薬に頼ってみる、うつ病が原因で射精時間が短くなっているのでまずは抗うつ剤を使いうつ病からの脱却を目指す、ニンニクやすっぽんやうなぎといった精力増強に役立つとされている食品を沢山摂取するなど、早漏を改善させる方法は様々だと言えます。
しかし早漏を改善したいなら筋トレをすることも忘れてはいけませんので覚えておいてください。
ポゼットに頼るのは最後の手段だと考えておき、まずは自分にとって無理の無い範囲での筋トレから始めることが推奨されています。
自宅での筋トレなら腕立て伏せやスクワット、背筋運動など自重トレーニングを少ない回数からスタートして、慣れてきたら回数を増やす程度で構いません。
無理な筋トレを繰り返して怪我をしてしまっては性行為に臨めなくなってしまうからです。
トレーニングジムやフィットネススタジオで射精時間を延ばすためのトレーニングがしたいなら、有酸素運動と筋力アップのためのウェイトトレーニングの両方を行うことが好ましくなっています。
自重トレーニングより効率的に体力や筋力を増加させられる器具が揃っているからです。
筋トレの結果体力が付き射精時間が長くなったら、同時に連続して性行為に臨める回数もアップする確率が高いことも記憶しておくといいでしょう。
筋肉質なアスリート体型はあらゆる面でセックスに打ってつけだからです。
もしも筋トレを繰り返して以前より身体の筋肉量が増えたにも関わらず、射精時間が短いままならプリリジーなど早漏治療薬でカバーすることを検討してください。
ジェネリック医薬品を使えば費用も然程かかりませんのでおすすめです。

人気記事一覧